2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.01 (Tue)

ポルフィの長い旅 第26話 汽笛がきこえたら

ポルフィの無駄に長い旅

ポルフィ「海賊王におれはなる!

古谷さんとか折笠さんとか何気にいつも登場する声優さんが豪華すぎるんですけれども・・・。

目が覚めたらそこは船のうえだったというとんでもない展開を迎えたポルフィ。
ミーナを追いかけるどころか気が付いたらシチリアまで来ちゃったよってことで、それでもくじけずミーナ探しをするポルフィは徐々にたくましくなってますね。

勝手に魚を獲っちゃいけないことを知らないポルフィは魚を売って旅の資金の足しにしようと試みますが、あえなくごっつい男たちに捕獲されちゃいました。・゚・(ノ∀`)・゚・。
彼らは海の近くに住んでいても捌く(裁く)のは魚じゃなく人間なんですね。

マイケルという名の少年が突然登場し、いきなり脱ぎ始めた時はまさかのやらないか展開きちゃったのかとドキドキしましたが(嘘)マイケルは掴まえちゃいけないのを知った上でわざとポルフィを手伝ったんだろうなぁ。もしかしてジャックとモニカをくっつけるために?

マイケルの父親率いるファミリーとドン小西もといドン・マンシーニファミリーが登場してましたが、オリーブオイルを輸出する会社ということですが、いわゆるマフィアの一つってことでいいんだろうか・・・。服装を見る限りどうみてもマフィアですよね。いいえ、ケフィアです(オイ

そしてジャックとモニカという対立する組織にいながら互いに想いを寄せる二人。しかしそこには超えられない障害がって話なんでしょうけれど、またポルフィが二人の色恋沙汰に仲介役を買って出るって流れになってしまうんでしょうか・・・。他人の恋なんてどうだっていいからさっさとミーナを探せよってかんじですけれども、逆に考えればここで貸しを作っておけば、将来いろいろと役に立ちそうですし、ポルフィのバックには2つのマフィアが付いてるって話になれば、もはやポルフィ敵なし状態になるわけでそう考えるとここで恩を売っておくのも損ではないってことなのかも(笑

なんだかんだいってポルフィは着々といろんな場所に顔を利かせつつあるなぁ・・・。
もしかすると彼は大物になるのかもしれない(ぇ

流れ的にゆくゆくはアメリカって話になっていきそうな雰囲気ですね。


あと、どうでもいいけど、ボビー玉子食べすぎ(笑
あれはコレステロールがやばいことになるぞー。

そろそろミーナのターンをプリーズ・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。


スポンサーサイト
23:29  |  [アニメ感想]ポルフィの長い旅  |  TB(3)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sobuccoli.blog83.fc2.com/tb.php/240-9110967a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

ポルフィの長い旅 #26

ミーナの情報を得て、貨物列車に乗り込んだポルフィでしたが、ポルフィが眠っているうちに列車は船に乗ってシチリア島にまで行ってしまいました。とりあえずシチリア島でミーナの情報...
2008/07/02(水) 02:36:54 | 日々の記録

ポルフィの長い旅 第26話「汽笛がきこえたら」

早いものでポルフィも折り返しの26話、2クール終了です。 今回からのスペシャルゲスト陣は 古谷徹さん:ジャック役 堀江美都子さん:モニカ役 折笠愛さん:マイケル役 古谷さん、どうしてもアムロとダブるなあw 前回、貨物列車に飛び乗るというスカポンタン...
2008/07/02(水) 06:01:48 | のらりんクロッキー

アニメ「ポルフィの長い旅」 第26話 汽笛がきこえたら

気がつけば、そこはシチリアでした。 今回もまた声優が豪華でとんでもない、「ポルフィの長い旅」第26話のあらすじと感想です。 ポルフィ、...
2008/07/02(水) 23:05:15 | 渡り鳥ロディ

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。