2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.21 (Sat)

クロアチアvsトルコ

これがあるからサッカーはやめられない!

サッカーの女神は時にきまぐれで信じられないドラマを創り出す。

結果から言えば、1-1の末
PK戦によりトルコが勝利。

しかし、驚くことにそのゴールされた時間は119分と120+2分なのである

どういうことか解説すると
0-0のまま延長戦に突入
そして延長後半14分にクロアチアが先制する。

この時点で残り時間は1分とロスタイムを残すのみ

だれもがこの時、クロアチアの勝利を確信した。
ただ一人この私を除いて(嘘

しかしロスタイム、GKからロングボールが蹴り込まれ
クロアチアゴール前で競り合う選手たち、そしてそのこぼれ球がトルコの選手
セミヒの前に落ちる。
そしてその足から放たれたボールは無常にもクロアチアゴールに突き刺さった。

わずか3分の間に起こった奇跡のようなドラマ

こういうことが時に起こってしまうから、サッカーは面白い

その後、その勢いのままにPK戦を制したトルコが準決勝へと駒を進めた。


いやね、結果が出てから言うのもなんだけれど
なんとなくクロアチアが負けるなぁという予感は前半の時点でしていた。

前半の最初に決定的な場面をクロスバーに阻まれたクロアチア。
普通ならば考えられないようなイージーミス。
こういう時は得てして勝てないものである。

ウイイレと一緒にするなって話かもしれないけれど
ゲームでもあるんですよ、こういうこと。
どれだけ攻めても最後のゴールが割れない、外すわけがない場面で外してしまう。
こういう時は大抵、最後に点を取られて負けたりする。

でもさすがに延長後半残り1分でクロアチアが一点決めた時は
これで勝負あったかなぁと思ったよ・・・。
まさかそこから同点になるなんて夢にも思わないし、そこで現実に見た光景は
夢なんじゃないかとさえ思った。

よく、最後の笛が鳴るまでわからないというけれど
これはその究極の形なんじゃないだろうか(笑

諦めたらそこで終了だよと昔、ケンタッキーのおじちゃんが言ってたけど
諦めないからこそ、そこに奇跡が起こるんだね。

ミラクルターキーあっぱれ。

スポンサーサイト

テーマ : EURO2008 ジャンル : スポーツ

07:15  |  [その他]サッカー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sobuccoli.blog83.fc2.com/tb.php/227-cecc6cb3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。