2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.05 (Thu)

紅 第9話 貴方と私と

なぜだ!なぜそこで本気を出さない!?

真九郎「紅香さん、これは僕が出来る仕事なんですか?

紫が何者なのかという不安。
そしてその背後に自分の想像以上のものが立ちはだかっていることに気づき始めた
真九郎は今までにないほど弱音を吐いてましたね。

紅香「あの子は九鳳院の者同士が交わって生まれた子よ

なんという近親相姦ループ・・・。
ずっと昔から同属同士でのみ交配を続けていた。
確か血の濃い者同士から生まれる子は奇形になりやすいと聞いたことがあるけれど
大丈夫なんだろうか・・・。

そして紫も6年後には子供を産むことになるって・・・。

ん?6年後?今は確か7歳だから6年後ってことは・・・。

13歳・・・だと!?

なんてうらやま・・・・もとい、イカれた世界なんだ・・・。


そして五月雨荘に戻る真九郎と紫。
これはもう、襲ってくださいと言わんばかりで紫略奪フラグ立ちまくりだろ。・゚・(ノ∀`)・゚・。
確かに環さんたちとの別れも大事だけど、何よりも紫を守るという使命を最優先
させなきゃいけないのに、何やってんすか真九郎さん。

最後の夜を過ごす二人は・・・。

紫「真九郎は大切な人だ

7歳の女の子とキスだとぉぉぉぉぉぉぉ

くぁwせdrftgyふじこ不二雄!?

こいつは6年後と言わずに4年後ぐらいにヤってそうだな(おいぃ!

そしてやってくる九鳳院からの刺客ってことで
あっさり飛ばされてしまう弥生さんがかわいそう・・・。
完全にとばっちりだよね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

気になるのは紫の竜士に対する怯え方が異常だったこと。
そこには絶対に逆らえない主従関係みたいなものがすでに構築されているっぽいけれど
怯えて無理矢理従うことを言わされている紫の姿を目の当たりにしながらも
ただ殴られることしか出来ない真九郎のへたれっぷりが見ててイライラした。

なんの為に手に入れた力なんだよ!と・・・。

竜士「兄である私の子を産むための女だ

竜士が紫を連れ戻しに来た理由。
そこには愛情などと言う言葉は一欠けらも無い。
ただ、自分の血を継ぐ者を産み出す存在でしかない。

7歳の少女が真九郎を守りたいが故に、つかなければならなかった嘘
これじゃあ、守られたのは紫じゃなく真九郎じゃないですか・・・。

股間を立たせる前に勇気を奮い立たせろよ!

最後に覚醒するのかと期待したけど結局今回は、なす術なしなのか・・・。
次回予告を見ると紫を失い、生気の抜けた日々を送る真九郎の姿。
落ち込む男を奮い立たせることが出来るのは、夕乃なのかそれとも紅香なのか。

その右腕、ここで振るわなくてどこで振るう?

スポンサーサイト

テーマ : ジャンル : アニメ・コミック

21:46  |  [アニメ感想]2008年1月~6月アニメ  |  TB(2)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sobuccoli.blog83.fc2.com/tb.php/203-81030ceb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

紅 第9話

『貴方と私と』 やはり、ニヤニヤアニメではなくなってしまいました……。 真九郎は、なんで「角」を使わなかったんでしょう? 「いずれ...
2008/06/05(木) 22:58:58 | 世界の端に腰を掛ける

紅 #9

ついに九鳳院の秘密が明らかになりました。九鳳院の家系は、近親相姦でしか子供を作ることができなかったのです。そのため九鳳院の女性は、代々戸籍上存在せず、ただ九鳳院の子孫を作...
2008/06/06(金) 03:53:47 | 日々の記録

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。