2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.29 (Thu)

紅 第8話 自愛と臆病と

銀子の言葉でもしかして紫って男の子なんじゃ・・・とか思った私はどうすればいいですか。

お化粧をする紫がもうかわいすぎてかわいすぎて、気がどうにかなってしまいそうです。
っていうか、なってます。

あー、耳元で蚊がうるせえんじゃーーーーーーー!!


失礼


紫「どうだ?大人の女になったか?

むしろ一生その大きさのままの方向で(オイ

馬子にも衣装という言葉がありますが、紫の場合何を着させてもかわいいから困る(*´д`*)
そして彼女がはしゃぐ一つ一つの仕草がまたそのかわいさを増長させるわけで・・・。
狛犬におびえる紫とかやばすぎー。

弥生「なぜ二匹なの・・・はっ・・・兄弟!?

この人は抜けてるんだか、しっかりしてるんだかわからない天然さんだよね。
だがそれがいい。

九鳳院に紫の居場所がばれてしまい、平穏な暮らしにピリオドが打たれる予感。
おみくじで凶を引いた紫の運勢は果たしてその通りになってしまうのでしょうか。
ボロアパートも住めば都だといい、ずっとこのまま真九郎と一緒にいたいと願う紫。
真九郎の子供の頃の話を聞きたいとかって普通にカップルが言いそうな会話ですけれども
さすがに7歳の紫が言うセリフではないような気がする(笑

こういうところで普通の7歳とは違った大人っぽさを見せる一方で、怖がったり笑ったり
どこにでもいる7歳の表情も見せてくれるから、そのギャップがまたかわいいんだよね。

紫「今の紫では残念だが真九郎を満足させてやれない

どちらかというと視聴者的には今のままで大満足なわけで(オイ

それに真九郎さんだって、今のままの紫がいいと、おれはロリコンだ発言しちゃってますしね。
この発言にはさすがの夕乃さんも涙目間違いなし。
いつか私も牛のように巨乳になると言い切る紫さんですが
彼女には一言、こう言いたい。

小さいのもまたステータスであることを!


銀子「九鳳院の家に紫なんて女の子はいないわ

銀子から告げられた新事実、紫は九鳳院家の娘ではない?

正式に存在する子供は男の子が二人。

その瞬間、もしかして紫は男の子だったんじゃ!
ほら、あんな可愛い子が女の子なはずがないって方程式が成り立つ・・・

と一瞬頭をよぎりましたが、よく考えれば真九郎は紫の裸を何度も見ているわけで
当然、そこに付いてれば気づくはずですね。
何故か心の中で残念がる私はやっぱりどこかおかしいですね。

紫が九鳳院家の娘ではないとするならば一体紫はなんなのか?
紅香が何かを隠しているってことなんでしょうけれど
どういうことなんでしょうかねぇ。

スポンサーサイト

テーマ : ジャンル : アニメ・コミック

23:07  |  [アニメ感想]2008年1月~6月アニメ  |  TB(2)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sobuccoli.blog83.fc2.com/tb.php/194-bb97c22a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

紅 #8

紫の七五三のお祝いを、真九郎や環、闇絵がしてあげるお話でした。紫が五月雨荘にいることが九鳳院に知られてしまいました。しかし、真九郎たちはそんなことも知らずに、紫のために七...
2008/05/30(金) 04:25:20 | 日々の記録

女の晴れ舞台は愛する人と「紅(くれない)」

子供の順応性は天の賜物贈り物。当初はアパートの部屋を人の住むところではない、とか真九郎を下僕だとか言い放っていたタカビー紫ちゃんは...
2008/05/30(金) 07:40:28 | Anime in my life 1号店

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。