2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.03.22 (Sat)

人生の墓場と言うけれど

ボタンのかけ違いから生まれる小さな歪み
いつしかその歪みは大きくなり築き上げてきたものを蝕み始める。


そしてそれはあっという間に崩れ落ちるのである。

人の心って脆いものだな・・・。


心変わりをするものが「恋」

心が動かないものが「愛」

恋を支えているものは下心。

下心があるから人は異性を求める。

恋をしているうちは心が動きやすい。

人を愛するということはその人の嫌な部分を含めて好きになることなんだと思う。
心変わりしているうちはまだ「恋」なのである。

相手の心を想う気持ち、それが「愛」になるのではないだろうか。

愛という言葉を軽んじる人が多すぎるんじゃないかなって思う。


なんでこんなことを書いてるかっていうと、男女関係の重い話を聞かされちゃいましてね・・・。
一時は愛し合った仲だというのに手のひらを返したように愛が憎しみに変わってしまう現実
一緒に暮らしていくにつれて今まで見えてこなかった相手の嫌な部分というのは
必ず出てくるもの。
それを受け入れて、それを含めて相手を好きにならなきゃいけないんだろうけれど
それだけの覚悟が出来ない人が意外と多いんじゃないだろうか。

きれい事じゃ済まされないドロドロしたものが実際には存在してそんな簡単なことじゃ
ないのかもしれないけれど、まだ結婚していない立場だからこそ、そう思うんだよね。


人生のセーブポイントでセーブしようとしたら

メモリーに空きがありません

って言われたんですけど、どうすればいいのでしょうか。



スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの ジャンル : 日記

01:55  |  [その他]雑記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■えっとぉ、人生はセーブできませんよ・・・たぶん orz

こんにちは~

>>愛という言葉を軽んじる人が多すぎるんじゃないかなって思う。

同感です。
愛とは、受け取るモノではなくて、与えるモノだ! しかも、無償でね。

好きにならなければ、愛は生まれない。
それは、そうなんですけど・・・

好き、という気持ち。
それは、まだ相手の一部分だけしか、見えてませんよね。
これが、ソブッコリーさんが指摘するところの「恋」なのかも。
だから、相手の嫌な部分が見えると気持ちがブレてしまうんですよね。

世の中、100%自分好み、とか、あり得ません。
それを理解した上で、なおかつ、この人と一緒にいたい、と。
そう思えるのならば・・・
その人は、あなたにとって好きな人以上に、大切な人なのでしょう。
これが、ソブッコリーさんの主張するところの「愛」なのでしょうか?
だとするならば、同感です、ハイ。

自分にとって完璧な人は、いない、のだから・・・
ひるがえって、自分も相手にとっては100%ではないはずだ、
と思ってマチガイないでしょう。
けれども、それでもなお、相手が自分を必要としてくれるのであるならば・・・
それは相手が私を大切に思ってくれている、ということなのでしょうね。
そういう人に、私は出会いたいです、ハイ。

いつもはバラバラで、好き勝手やって、文句も言ってみたりもするけど。
でも、でも。
ココ一番、いざってときには・・・助け合える、ひとつにまとまれる。
そんな関係が、必要かなと。
家族になるには、さ。
それって、お互いを本当に理解し、かつ、大切にしていないと出来ないコトですよね。

ただ婚姻届を出して、一緒に暮らしたからといって・・・
だから家族、ってワケじゃないのかなと。

コメントが長くなって、すみません。m(_ _)m
クッサコンチ |  2008.03.22(土) 13:42 |  URL |  【コメント編集】

■愛のメモリー

>クッサコンチさま
こんばんはー、コメントありがとうございます。

>好き、という気持ち。 それは、まだ相手の一部分だけしか、見えてませんよね

その通りですよね。お互いに相手にいいところを見せようとしているのだから
必然とプラス材料しか目に付かないですよね。
それが時間が経つにつれて徐々に相手の負の部分が見えてくる。
その時にそれをどう受け止めるかってことですよね。

「好き」という気持ちだけで安易に先に進もうとする。
その結果、こんなはずじゃなかったって気づいたときにはもう遅い。

何があっても決して逃げない覚悟、受け止める覚悟
それが「愛」なのではないかなって思うんですよね。

>ココ一番、いざってときには・・・助け合える、ひとつにまとまれる。 そんな関係が、必要かなと。

私もいつか誰かとそんな関係が築けられればいいなぁと思います。
お互いを心から信頼し合えていれば喧嘩しても好き勝手やっても
最後はちゃんと二人仲良くってなれるのだと思います。

結婚はゴールではなくスタートである。

二人三脚で走るマラソンの

二人三脚って相手のペースに合わせるからこそうまく進めるのですよね。

結婚生活っていうのもそういうことなんじゃないのかなーって思ったり^^

なんだかまとまりのない返信でごめんなさい・・・。

コメントありがとうございました^^
そぶ |  2008.03.22(土) 23:34 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sobuccoli.blog83.fc2.com/tb.php/112-7c3c3119

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。