2009年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.22 (Sun)

獣の奏者 エリン 第7話  母の指笛

NHKの本気に全おれが号泣した。

開始1分でもう涙腺崩壊寸前状態でした。
特殊OPで歌カットってどんだけ空気読んでるんですか、どんな最終回ですか。

今までいろいろなアニメを見てきたけれどここまで壮絶な回は記憶にないかもしれない。
それだけにこの一話に込められた重さがすさまじかった。

ソヨン「私はもう・・・でもあなただけは・・・

ソヨン「前を向いて!振り返ってはだめ!私の・・・・・エリン

闘蛇に囲まれる中、禁断の術?の指笛を使い、エリンをそこから救い出したソヨン。
音無し笛無しに闘蛇を操ることができたのは、やはり霧の民の持つなんらかの術なのでしょうか。
だったらソヨンには音無し笛なんていらなかったんじゃってことですけれども
指笛が持つ大罪の意味がいつか明らかになった時にその意味を知ることが出来るんでしょうね。

闘蛇を操ることが出来るのなら、エリンと一緒に逃げて二人でどこかで幸せに暮らせばいいのに
なんて思うのはあまりにもご都合すぎですが、そうしなかったことに意味があるんでしょう。
自らが闘蛇にその身を捧げることで、闘蛇の凶暴さ、そして今の闘蛇中心の世界のあり方について
疑問を投げかける意味があったのかもしれませんね。

エリンが大きくなって真相を知った時、物語の根底にある大きな何かを私たちも知ることが
出来るのかもしれません。


今回の話の所々に見せるワダンの悲しげな表情もすごく印象的でした。
今までだとソヨンに食って掛かったり、馬鹿にするばかりでいい印象なんてなかったですが
人としての優しさ?らしきものが少し垣間見られたのは良かったかな。
でもそれが後ろめたさから来るものではないことを願うばかり。
闘蛇の沼へと落とされる直前の怯えるソヨンの姿を見て、彼は何を思ったのでしょうか。


そして最後の最後に父親らしさを見せた頭領の姿も泣けた。
自分の家族が闘蛇の裁きにかけられることは彼にとっても辛いことだったんだろうなぁ。


一つ気になったのは闘蛇運ばれていくエリンの足が闘蛇の体に触れて粘膜上のようなモノ
で覆われていたこと。
あの粘膜が今回の闘蛇の死と大きく関係しているような気がする。


闘蛇にエリンを遠くへと運ばせたのは、大罪を犯した女の娘として辛い日々を
送ることになるであろうエリンを助ける意味もあったんだろうなぁ。
次回予告を見る限り少しの希望が見えてきそうな雰囲気だったのが救いだった。


ソヨン「生き延びて幸せになりなさい

ソヨンが見せた最後の笑顔。
それは子を想うやさしいお母さんの表情でした。

スポンサーサイト

テーマ : 獣の奏者エリン ジャンル : アニメ・コミック

08:16  |  [アニメ感想]2009年1月~アニメ  |  TB(2)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.15 (Sun)

獣の奏者エリン 第6話 「ソヨンのぬくもり」

きっとおかあさんのおかあさん、離れていても心は一緒にいられるようにこれくれたんだね

ああああああ、なんというお別れフラグ・・・。

突然死んでしまった闘蛇のキバ。
その前夜、雨振る中1人物思いにふけるソヨンの姿は一体何を意味していたのでしょうか。

彼女は何か重大なことを隠しているように思える。
もしかして今回の騒動は彼女自身が・・・なんて展開が頭をよぎりましたが
さすがにそれは考えすぎか。

匂いの違いに気づいたエリンに誰にも言うなと釘を刺したソヨンでしたが、ソヨンはもしかして
闘蛇が死んだ原因に気が付いたのでしょうか。
そしてそれを公言することは村の存続自体を揺るがすものになりかねないものであり
だから彼女は「霧の民の戒め」の名のもとに自らその罪をかぶることで・・・。
ということなんだろうか。

それが果たしていいことなのかどうかはわからないがとりあえず


ワダン死ね


ってかんじですな。


着々と築かれていくお別れフラグが見てて辛すぎました。
闘蛇が死んだことでその罪を負わされるのは間違いなく自分であると確信していたソヨン
そして今夜がエリンと過ごす最後の夜であることをわかっていたソヨンの行動の一つ一つが
あまりにも重過ぎる。
母の形見となるであろうエリンへとわたった腕輪の首飾り。
そして最後の晩餐といわんばかりのちょっと贅沢な夕食。
それは幸せな親子の一夜とは少しかけ離れた・・・見るものにとってとても辛い一夜でした。
不安の中でまさか明日には母親がいなくなるとエリンは思っているはずも無く
だからこそ最後の母のぬくもりが・・・・ね・・・。

次回予告を見ると事故で死んでまうのではなく処刑という形なのですか・・・。
ただ闘蛇を死なせただけでそこまで重い罪となってしまうのだろうか。

やはりソヨンが自分がやったと嘘をついてしまうんじゃないかと少し予想してみますが・・・。

なんにしても次回は相当の覚悟を持って視聴しないと大変なことになるぞ。
今回でも泣いたのに次回はもうまじ見てらんねぇぇ。

22:20  |  [アニメ感想]2009年1月~アニメ  |  TB(2)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.10 (Tue)

獣の奏者エリン 第5話 エリンと卵泥棒

おやおや、なにやら不穏な空気が立ち込めてまいりましたよ。
次回タイトルがすっごい意味深で不安でならないんですが・・・。


村の掟を守るのか、己の信念を貫くのか。
エリンが今後成長していく上で避けて通れない課題がそこにあったような気がします。
恐らく母親であるソヨン自身も心の中ではエリンと同じ気持ちなのでしょう。
しかしながら、まだ幼いエリンと平和に村で暮らしていくには村の掟に従っていくしかない。
それがソヨンとエリンが村にいられる唯一の条件なのだから。

持ち帰ろうとする闘蛇の卵の前に立ちはだかり、一人抵抗を見せたエリン。
ソヨンを困らせてしまったことへの後悔の念に駆られるエリンでしたが
間違ったことをしていないのに謝らなければならない現実がそこにありました。
きれいごとだけでは渡っていけない大人の世界の中で

何が正しくて何が間違っているのか


彼女がこれからどういう奏者へと成長していくのかわからないけれど
獣たちと心を通わせることが出来るようになっていくのでしょうか。
そして彼女が思うように行動できる日が訪れるのか。

まずはあまりにも大きすぎる難関がすぐそこに迫っているわけで・・・。
エリンがどうやってそれを乗り越えていくのか。
不安すぎるけれども大人しく見守っていこう。

11:53  |  [アニメ感想]2009年1月~アニメ  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.10 (Tue)

ちょwゴルゴパネェww

ゴルゴさんまさかのサンデーデビューww

彼のビッグサクセスはほんと止まることを知らないな。

詳しくは今日発売の週刊少年サンデーハヤテのごとく!を見ればいいと思う。

今夜は祭りだなこりゃ。

11:21  |  [その他]雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。