2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.06 (Mon)

新作アニメはじまりますた

■獣の奏者エリン 第13話 王獣の谷
王獣つえええぇぇぇぇぇぇ
闘蛇をあっさり真っ二つにしたり格の違いをみせつけるようについに登場した王獣
わが子を助ける王獣とエリンを助けたソヨンを重ね合わせる演出はなかなか憎い。
今回のポイントはソヨンが吹いた指笛が王獣の鳴き声を模したものであったことでしょうか。
一度聞いた音を記憶してしまうエリンですから、そのことにすぐに気づいたようですね。
やはり霧の民はいろいろな獣を操る術を持っているってことなのかなぁ。

次回遂に成長したエリンクル━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
これはもうワクテカせずにはいられないですね。

ちょうど土曜深夜に再放送も始まってますので、まだ見たことのない人は是非ご覧頂きたい作品。
今年の作品で私が1番に推す物語であります。


クロスゲーム」 第1話 四つ葉のクローバー
あだち充作品が久々にアニメ化
原作既読で絶賛連載中なこの作品も楽しみな一本。
野球漫画でありながら恋愛模様と同時進行していき、むしろ日常生活のほうが長く描写される
あだちさんの作品。
野球野球してないところが好きだなぁ。
でもまさか1話で若葉退場になるとは思わなかったよ・・・。
もう少し光と若葉の絆を描いてからでも良かった気がする。
これだと若葉を失った悲しみが視聴者からすれば薄くなっちゃうんじゃないかなぁ。
たしか第1部が10話ぐらいあったと思うんだけど、これ10話分を1話でやっちゃったかんじ?
ちょっと勿体無いと思った。

まぁ、光が流した涙は心に響くものがありましたが。・゚・(ノ∀`)・゚・。

生前の若葉の一言一言が今後の物語にフラグとして大きく影響してくる部分が多々あるんだけど
それは今後回想シーンとして挿入されていくんだろうか。
そのあたりの演出も期待したいところ。


ジュエルペット 第1話 キラキラ☆宝石が降ってきた
うーん、平野綾とかみゆきちとかを脇役に置いて、モー娘を主役に使ってくるのは
今の少女向け作品の流れなのだろうか。
まぁ、思ったより悪くなかったけど(笑
っていうかさりげなく脇役豪華すぎじゃね?
個人的に太田さんがいろいろなところで活躍してくれると期待。
もう少し様子を見たいところです。

スポンサーサイト
09:42  |  [アニメ感想]2009年1月~アニメ  |  TB(1)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.27 (Fri)

金色のコルダと聞いて飛んできました

なにやら「金色のコルダ」の続編アニメが放送されてるらしいじゃないですか

これはもうやるしかないだろう

フユウミストの第一人者であるこの私が書かずしてだれが書く!

ってことであいにくキッズステーションは見れなかったので
ちょっと反則技ですが、某所とか某所にうpされるのを待って視聴できたら
感想を書いてみようと思います(笑

だがしかし、問題が一つある。それは

果たして冬海ちゃんが登場するのかどうかということだっ!
正直追加されるイケメンどもはどうでもいいので(ひどい)
冬海ちゃんがいるのか否かで話は変わってくるのであります。
むしろ丸々冬海ちゃんでいいのにねぇ(マテ

いつのお話になるかわかりませんが、あまり期待しないでお待ちくださいねー。


■獣の奏者エリン 第11話 とびらの中に

え?感想が一話抜けてるって?
まぁ、細かいことは気にしない方向で!

今回の話で思ったのはジョウンって一体何者なんだろうって部分ですよね。
ただのおなら垂れ蔵じゃなくて実は過去にすごい人物だった匂いがプンプンしますが
エリンの聡明さを見て「こいつならおれの後継者になれる!(キリッ」
みたいなことを感じたのでしょうか。
でも気になったのは勝手に部屋に入ってしまったエリンを叱ろうとしなかった部分かなぁ。
あそこは一言びしっと言ってもよかったんじゃないかと思うんだが。
好奇心旺盛なのはいいと思うけれど、そればかりでは駄目だということを
しっかりと伝える必要もあると思う。エリンが特に賢い子だから余計にね。
過度の好奇心は一歩間違えば身を滅ぼす。

部屋に入ることを許可しなかったのは毒の本とかを見たエリンが興味を持ってしまい
不用意に手を出してしまうことを恐れたからなのだろうか。
字を完全に読むことが出来ないのが幸いした形だったけど
その一方でちゃんと本に従い処方できないかと読み解こうとしていたエリンの賢さに
驚いた部分もあったのかな。

ヌックとモックがどうやらこれから行動を共にすることになりそうだけれど
正直あまりいらない気もしちゃうところですが、原作にはいないらしいこの二人が
担う役割とは一体なんなのかな。
視聴者の気持ちを代弁していく役割とかもあったりするんだろうかね。
このひろしとガングがどのように絡んでいくのかも注目したいところですね。

次回はいよいよ大きい鳥?っていうか鍵になる何かが登場してくるっぽいので
次なるステージへと少しずつ進んでいくのかなー。

そういえば放送終了後の映像でエリンの成長した姿が流れたそうだけれど
これはチェックしておかねば!(笑

10:00  |  [アニメ感想]2009年1月~アニメ  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.09 (Mon)

獣の奏者エリン 第9話 「ハチミツとエリン」

何でもしますから置いてください・・・とな!?

ほほぅ、だったらこれを舐めてもら(ry



ごめんなさい、ちょっと闘蛇の裁きを受けてきます

∥ラゴウの沼∥........λλλ←オレλλλ....トボトボ


震えながらここにおいてくださいと土下座して頼み込むシーンは見てて心が痛いなぁ・・・。
エリンがお金の価値をしっかりと認識していたことにも驚きました。
エリンの看病でたくさんお金を使ったと言うジョウンもそんなつもりで言ったわけでは
ないのにそれに過剰に反応してしまったエリン。
頭が良すぎる故の弊害みたいなものかもしれませんが、お金を持っていないと泣き出すエリン。

お金なんていらないから一生このままここで暮らしちゃえばいいじゃない!
むしろ払うから居て!

って私なら言ってますね、ええ。


天外孤独となってしまい、お金も無く行くところもないエリン。
もしここで捨てられたらどうすればいいんだろうという不安を抱く彼女の気持ちが
わかりすぎるぐらい見て取れましたね・・・。
ソヨンがアケ村で周りから冷たくされながらも闘蛇を世話することでその居場所を
作ってきた姿を見ていて、自分の居場所を作るにはそれに見合った仕事なり、お金が
必要だと思ってしまっているんでしょうかね。

そしてそれに対するジョウンの対応もすばらしい。
ここでお金なんていらないから気にするなと言っても、エリンは首を縦に振らなかったでしょう。
だからこそ仕事や家事を手伝ってもらうことでチャラにするという契約を結んだ。
形はどうあれ、エリンがここにいていい理由を作ってあげたわけですよね。

いい仕事するじゃないかこのやろう。

きっとハチミツをたっぷり塗ったアレをエリンにアレさせるなんてことが仕事に違いない
とかそんなこと思ってませんから!思ってませんから!


噴霧器からソヨンのことを思い出してしまったり、まだまだ所々で鬱状態になってしまうエリン。
笑顔を見せるようになったのはうれしいけれど、思い出したときのエリンの姿は見てて
やっぱり辛いものがあるなぁ。

それでも救われているのはジョウンさんがうまく空気を読んでいるところ。
エリンが悲しい顔をするたびに深く追求するわけではなく、そっと見守りさりげなく
話題を変えてエリンの気持ちを紛らわせようとしてくれてますよね。
エリンが話したくなったときに話してくれればいい。
というさりげないやさしさが素敵すぎます。

単なるヘーコキ野郎ではなかったんですねぇ(褒めてるんだからねっ)


いろいろなものに好奇心旺盛なエリン、彼女の聡明さがよく表現された一話でもありましたね。
一つ気になったことについてどうしてそれがそうなったのか理由を知らないと気がすまない
性格なのかなぁ(笑
そのエリンの鋭さにジョウンも気づいたみたいだし、これからいろいろなことをジョウンから
エリンは教わることになるのかな。
蜂の生態とかなかなか知ることが出来ないことを勉強できる教育的な部分があるのも
見てていいですね。NHKグッジョブすぎ(笑

なんにして今回私が言いたいことは一つ

女王様になったエリンに仕えたい。いやむしろこき使われt(ry




テーマ : 獣の奏者エリン ジャンル : アニメ・コミック

10:31  |  [アニメ感想]2009年1月~アニメ  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.05 (Thu)

クラナドはやっぱり神でした

味噌の国地方はようやく18話の放送でしたが
渚とのお別れの回よりも今回は泣けた・・・。

はじめて・・・パパが・・・

これはやばすぎるだろぉぉぉぉぉぉぉぉぉ

前回とそして今回の冒頭あたりの朋也の汐に対する態度に

そうじゃないだろうこのばかちんがぁぁぁ

とテレビの前で憤ってましたけれども

気づいたら思いっきり泣いてたよ。

いかんなぁ、最近涙腺が弱すぎる。

そして帰りの電車内で汐に渚のことを語り始める朋也。
そこで朋也は初めて渚の死を受け入れるわけだ・・・。

涙を溜める親子の姿はもうね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

渚見つけたよ、やっと見つけたんだ。俺にしか守れないもの。
俺にしか守れないかけがえのないもの。それは・・・・・ここにあった。

やっぱクラナドサイコーーー

岡崎最高ーーー!

20:11  |  [アニメ感想]2009年1月~アニメ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.03 (Tue)

獣の奏者エリン 第8話 蜂飼いのジョウン

今、ヘーコキましたねあなた?

前回の出来事で幸せから谷底へ叩き落されたエリンがこの一話で立ち直りのきっかけを
みせてくれたのは何よりもジョウンというヘーこき野郎(褒めてますよ?)のおかげですね。

悪夢を見続けるエリンの姿は見ててとても痛々しいものがありましたが
気になるのは今後エリンが再び闘蛇と対峙した時にどういう感情を抱くのかな。
今までかばい続けてきたモノに形として母親の命を奪われたわけで、そこに憎しみを抱くのか
それとも・・・・どうなんだろうね。
そこまでの過程でいろいろと成長しているのかもしれませんが、最初に出会ったときに
どういう行動を取るのか気になるところであります。

若かりし母親の姿にエリンも大きくなったらこういうかわいさになるのかなぁ(*´д`*)
なんて妄想しつつ見ておりましたが。

とりあえず、合法的にエリンの裸を見まくったジョウンさんが憎い!(ぎりぎりぎり)
どうしてそこを描写しない!(マテ

それはそれとして・・・
泣き続けていたエリンがジョウンさんのオナラで笑えるようになり
最後には母親の言葉通り生きていくことを心に誓えるようなったのはよかったね。・゚・(ノ∀`)・゚・。
どうなることやらとおもっていたけど、次回からはエリンが少しずついろいろなことに
触れていけるようなのでとりあえず一段落といったところなのかな。

益々今後が楽しみになってきた。

あとEDにママンとの思い出をもってくるとか、ホントにこのスタッフは空気読みすぎ・・・。

テーマ : 獣の奏者エリン ジャンル : アニメ・コミック

09:25  |  [アニメ感想]2009年1月~アニメ  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.22 (Sun)

獣の奏者 エリン 第7話  母の指笛

NHKの本気に全おれが号泣した。

開始1分でもう涙腺崩壊寸前状態でした。
特殊OPで歌カットってどんだけ空気読んでるんですか、どんな最終回ですか。

今までいろいろなアニメを見てきたけれどここまで壮絶な回は記憶にないかもしれない。
それだけにこの一話に込められた重さがすさまじかった。

ソヨン「私はもう・・・でもあなただけは・・・

ソヨン「前を向いて!振り返ってはだめ!私の・・・・・エリン

闘蛇に囲まれる中、禁断の術?の指笛を使い、エリンをそこから救い出したソヨン。
音無し笛無しに闘蛇を操ることができたのは、やはり霧の民の持つなんらかの術なのでしょうか。
だったらソヨンには音無し笛なんていらなかったんじゃってことですけれども
指笛が持つ大罪の意味がいつか明らかになった時にその意味を知ることが出来るんでしょうね。

闘蛇を操ることが出来るのなら、エリンと一緒に逃げて二人でどこかで幸せに暮らせばいいのに
なんて思うのはあまりにもご都合すぎですが、そうしなかったことに意味があるんでしょう。
自らが闘蛇にその身を捧げることで、闘蛇の凶暴さ、そして今の闘蛇中心の世界のあり方について
疑問を投げかける意味があったのかもしれませんね。

エリンが大きくなって真相を知った時、物語の根底にある大きな何かを私たちも知ることが
出来るのかもしれません。


今回の話の所々に見せるワダンの悲しげな表情もすごく印象的でした。
今までだとソヨンに食って掛かったり、馬鹿にするばかりでいい印象なんてなかったですが
人としての優しさ?らしきものが少し垣間見られたのは良かったかな。
でもそれが後ろめたさから来るものではないことを願うばかり。
闘蛇の沼へと落とされる直前の怯えるソヨンの姿を見て、彼は何を思ったのでしょうか。


そして最後の最後に父親らしさを見せた頭領の姿も泣けた。
自分の家族が闘蛇の裁きにかけられることは彼にとっても辛いことだったんだろうなぁ。


一つ気になったのは闘蛇運ばれていくエリンの足が闘蛇の体に触れて粘膜上のようなモノ
で覆われていたこと。
あの粘膜が今回の闘蛇の死と大きく関係しているような気がする。


闘蛇にエリンを遠くへと運ばせたのは、大罪を犯した女の娘として辛い日々を
送ることになるであろうエリンを助ける意味もあったんだろうなぁ。
次回予告を見る限り少しの希望が見えてきそうな雰囲気だったのが救いだった。


ソヨン「生き延びて幸せになりなさい

ソヨンが見せた最後の笑顔。
それは子を想うやさしいお母さんの表情でした。

テーマ : 獣の奏者エリン ジャンル : アニメ・コミック

08:16  |  [アニメ感想]2009年1月~アニメ  |  TB(2)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.15 (Sun)

獣の奏者エリン 第6話 「ソヨンのぬくもり」

きっとおかあさんのおかあさん、離れていても心は一緒にいられるようにこれくれたんだね

ああああああ、なんというお別れフラグ・・・。

突然死んでしまった闘蛇のキバ。
その前夜、雨振る中1人物思いにふけるソヨンの姿は一体何を意味していたのでしょうか。

彼女は何か重大なことを隠しているように思える。
もしかして今回の騒動は彼女自身が・・・なんて展開が頭をよぎりましたが
さすがにそれは考えすぎか。

匂いの違いに気づいたエリンに誰にも言うなと釘を刺したソヨンでしたが、ソヨンはもしかして
闘蛇が死んだ原因に気が付いたのでしょうか。
そしてそれを公言することは村の存続自体を揺るがすものになりかねないものであり
だから彼女は「霧の民の戒め」の名のもとに自らその罪をかぶることで・・・。
ということなんだろうか。

それが果たしていいことなのかどうかはわからないがとりあえず


ワダン死ね


ってかんじですな。


着々と築かれていくお別れフラグが見てて辛すぎました。
闘蛇が死んだことでその罪を負わされるのは間違いなく自分であると確信していたソヨン
そして今夜がエリンと過ごす最後の夜であることをわかっていたソヨンの行動の一つ一つが
あまりにも重過ぎる。
母の形見となるであろうエリンへとわたった腕輪の首飾り。
そして最後の晩餐といわんばかりのちょっと贅沢な夕食。
それは幸せな親子の一夜とは少しかけ離れた・・・見るものにとってとても辛い一夜でした。
不安の中でまさか明日には母親がいなくなるとエリンは思っているはずも無く
だからこそ最後の母のぬくもりが・・・・ね・・・。

次回予告を見ると事故で死んでまうのではなく処刑という形なのですか・・・。
ただ闘蛇を死なせただけでそこまで重い罪となってしまうのだろうか。

やはりソヨンが自分がやったと嘘をついてしまうんじゃないかと少し予想してみますが・・・。

なんにしても次回は相当の覚悟を持って視聴しないと大変なことになるぞ。
今回でも泣いたのに次回はもうまじ見てらんねぇぇ。

22:20  |  [アニメ感想]2009年1月~アニメ  |  TB(2)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.10 (Tue)

獣の奏者エリン 第5話 エリンと卵泥棒

おやおや、なにやら不穏な空気が立ち込めてまいりましたよ。
次回タイトルがすっごい意味深で不安でならないんですが・・・。


村の掟を守るのか、己の信念を貫くのか。
エリンが今後成長していく上で避けて通れない課題がそこにあったような気がします。
恐らく母親であるソヨン自身も心の中ではエリンと同じ気持ちなのでしょう。
しかしながら、まだ幼いエリンと平和に村で暮らしていくには村の掟に従っていくしかない。
それがソヨンとエリンが村にいられる唯一の条件なのだから。

持ち帰ろうとする闘蛇の卵の前に立ちはだかり、一人抵抗を見せたエリン。
ソヨンを困らせてしまったことへの後悔の念に駆られるエリンでしたが
間違ったことをしていないのに謝らなければならない現実がそこにありました。
きれいごとだけでは渡っていけない大人の世界の中で

何が正しくて何が間違っているのか


彼女がこれからどういう奏者へと成長していくのかわからないけれど
獣たちと心を通わせることが出来るようになっていくのでしょうか。
そして彼女が思うように行動できる日が訪れるのか。

まずはあまりにも大きすぎる難関がすぐそこに迫っているわけで・・・。
エリンがどうやってそれを乗り越えていくのか。
不安すぎるけれども大人しく見守っていこう。

11:53  |  [アニメ感想]2009年1月~アニメ  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.10 (Tue)

ちょwゴルゴパネェww

ゴルゴさんまさかのサンデーデビューww

彼のビッグサクセスはほんと止まることを知らないな。

詳しくは今日発売の週刊少年サンデーハヤテのごとく!を見ればいいと思う。

今夜は祭りだなこりゃ。

11:21  |  [その他]雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.01.28 (Wed)

インデックスの水着姿にちょっと罪悪感を覚える今日この頃。いや、ありだけど

そういえば明日のよいちがアニメ化されてたんですね。
ようやくこちらもで放送開始。
四女のアレがいつ公開されるのか気になるところだ。


プリキュア5が終わりましたね。
途中からすっかり見なくなってしまいましたが最終回だけ視聴。
だれだあのおっさんは(笑
とりあえずブンビーさんが生き生きとしていてよかった。

そして早くも今週から新シリーズがスタートですか。
様子見で見てみようかなぁ。
それにしても相変わらずの商品販売によるネタバレっぷりはさすがにちょっとやめてほしい。
まだ始まってもいないのにね・・・。
なんなの?バカなの?(ひどい)


獣の奏者エリン 2話&3話

まだ始まったばかりなのに毎回ドキドキしながら見てしまうのは私だけでしょうか。
いやね、毎回毎回お母さん体張りすぎです。・゚・(ノ∀`)・゚・。
見てるこっちは冷や汗ものですよ。
設定的に町の人から慕われているというわけではなく、どこかよそ者扱いされてるエリン親子
でもソヨンの力は町にとって必要だから置いてやってるって雰囲気が余計そう思わせるんだろうな。
ミスをすればそれだけで町を追われそうなソヨンの立場がなんともシビア。

とりあえずあの使えない男の獣使いを先になんとかするべきだと思うんだ。

その一方で日に日に獣奏者としての片鱗を見せていくエリン。
どうみても将来有望すぎですが、それが逆に母親との別れを予感させてどこか怖いものがあります。

転げ落ちていって藁に突っ込むエリンのかわいさはガチ


WHITE ALBUM 第三頁 手と手、肩と肩、背中と背中、それから。服の上からだっていいんだ

服の上から何をするんだってかんじのサブタイトルですが、毎回長すぎ(笑
理奈が徐々にアプローチをかけてまいりました。
全部俺のターン!的な冬弥に徐々に殺意が湧いてくるころですね。
っていうか由綺ともう付き合ってるんだからこのまま幸せエンドでいいじゃない(ぇ
泥沼展開いやぁぁぁぁぁ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

一つ嘘を付くとずっと嘘を上塗りしていかなければならなくなるんだぜ・・・。

10:36  |  [アニメ感想]2009年1月~アニメ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。